Loading...

燃料電池

大規模な自然災害等が発生した場合でも、人々の日常生活や重要な業務等が停止しないよう、水素ガスを使用して非常・緊急時や長期間の電力を供給します。

協働水素の燃料電池の特徴

持ち運び可能な燃料電池

オフサイト型の燃料電池ですので、運搬が可能です。
つまり、協働水素の燃料電池は、いつでも、どこでも、自由に使える身近な発電所です。

コンパクトな燃料電池

筐体が小さいので、置き場所に困りません。
≪例≫発電容量が20kWの燃料電池の場合
1,600(H)×1,000(W)×600(D)mm

発電量が選べる燃料電池

お客様のニーズに応じた発電容量の燃料電池を提供できます。
≪例≫1kW、3kW、5kW、10kW、15kW、20kW、25kW、30kW、35kW、40kW、45kW、50kW、55kW以上の場合は上記燃料電池の組み合わせで調整できます。

カスタマイズ可能な燃料電池

顧客のニーズに応じた機能を柔軟に付加することが可能です。
≪例≫停電検知自動切換え、UPS機能(無停電電源装置)、遠隔監視、ピークカット、自動電源ON/OFF機能、電力合成装置(24時間365日運転を可能にする装置)

太陽光発電設備を併用した自立型燃料電池発電システム例

水道水または雨水の供給により、燃料となる水素ガスをシステム内において生成・貯蔵する機能があり、長期間の電力供給を可能とします。
また、自然エネルギーを無駄なく利用した、CO2の発生が無い、電力の完全自給システムです。
昼間は太陽光発電で電力を供給し、その余剰電力で水素を生成し貯蔵します。夜間は、貯蔵した水素を使用し、燃料電池で発電を行います。
そのため、商用電力を不要とするとともに、CO2ゼロを実現しています。(燃料電池における発電に必要な水素は、自システム内で生成・貯蔵を自動で行います。)

自立型燃料電池システムの作成例 10kWタイプ≪仕様≫

自然エネルギー発電施設(例:太陽光パネル、風洞型風力発電装置)以外の装置は、コンテナ内に収納することが可能です。
  • 燃料電池マルチ電源システム:10kW
  • 水電解水素生成装置:10L/min
  • 水素吸蔵合金システム:1000NL×8
  • 太陽光発電:10kW
  • 蓄電池及び全体システム制御装置搭載

100W燃料電池マルチ電源システム

長時間稼働を実現させた携帯用燃料電池です。

多様な出力

用途に合わせ、カスタムオーダーに対応します。
20~500Wまで対応可能です。

コンパクト設計で持ち運びが簡単

≪例≫100W燃料電池マルチ電源システムの場合(水素ボンベ1本)
重さ:5kg、大きさ:A4、厚み:100mm、連続稼働時間:2時間

その他

下記のシステムも対応可能です。

テナントに特化したUPS機能付き5kW燃料電池発電システム

燃料電池システムを使用したEV充電ステーション

お問い合わせ

お問い合わせは、メールにてお願いいたします。
お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただいたり、電話でお返事をさせていただく場合がございます。

suiso-e@kyoudou-suiso.co.jp

受付:24時間年中無休
メールの送受信に不具合が出た時のために、電話番号もご入力ください。

About Us

協働水素株式会社
〒655-0037 兵庫県神戸市垂水区歌敷山一丁目1番4号